-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2000-03-11 (Sat)
みなさんに公開することを目的としない自身の記録です

3/11午後3時頃(金曜日)
今までに経験をしたことがない大きな揺れが私の地域を襲いました
徐々に大きくなる揺れに、当初冷静だった回りの人達も口々に
「これはヤバイ!ヤバイ!!逃げろ」とその揺れの異常さにパニックへ・・・
後で知った地震の震度は「6強」ということでした


数分間続いた揺れは、その後も余震を伴いながら収束傾向へ。。。
ほとんどの本棚は倒れ、散乱する資料と書籍、実験器具やPCは
ほとんど倒れた状態、窓も一部割れた所もありました
幸運にも周りの人にケガは一切無し

ここで全ての人の気持ちはたぶん同じだったと思います
「家族は?家は大丈夫??」
その時点では全てのライフラインがストップ、通信も全くできない状況
回復する様子も無い事から、各自一時帰宅へ・・・

帰宅中に見た光景は
民家の塀の1/3は倒壊、屋根や壁が崩れ落ちる家もあり。全壊した建物こそ
見ませんでしたが、小規模な橋は崩れ落ちるか、異様な捻れで変形し通行止め、
倒れた塀や電柱が道路をふさぐ、また信号機の停止により交通は完全にマヒ状態

通常30分程度の道のりを1時間以上かけて帰宅
自宅はさほどのダメージもなく、家具が散乱してる程度です
両親も無事でしたので、この時は「明日から忙しくなっちゃうね」くらいの考えで、
かなり楽観的に明日はきっと通常に戻るはずと思い込んでいました >> ReadMore
| 未分類 | COM(4) | TB(0) |
アクセスランキング
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。